記事一覧

“流れる川”のように有機的ラインの新作バッグ「セージア」

ロロ・ピアーナ(Loro Piana)から、ウィメンズの新たなアイコンバッグ「セージア(Sesia)」が登場。

「セージア」の名は、ロロ・ピアーナが本社を置く“ヴァルセージア”の地名であり、そこを流れる曲がりくねった川の名前が由来となった。バッグは、その川と同じように穏やかな曲線のフォルム。上部が有機的な丸みを帯び、全体として角のないシルエットは、優雅でエフォートレスなムードを漂わせる。

素材には、サテン・スムース、グレイン・マット・レザー、ソフト・シャイニー・アリゲーターを使用。カラーは、デリケートローズ、ウィスパーホワイト、バターカップイエロー、ユーカリグリーン、フォレストグリーン、バーントオレンジ、サンセットローズ、スカイブルー、ネイビーブルーといったバリエーション豊富なラインナップを揃えている。

バッグ右下の隅に配された同系色のエナメルボタンには、ロロ・ピアーナの紋章がそっと飾られている。また、パドロック(南京錠)モチーフのチャームとストラップは、同じレザー素材と、スーツケース・ストライプ・ファブリックがあり、好みや用途に応じて付け替えが可能だ。ビジネスシーンからレジャーシーンまで幅広く活躍してくれそう。
ベルルッティ
銀座では、青木淳の期間限定エキシビジョン実施も
なお、2020年6月に銀座中央通りにオープンしたロロ・ピアーナ 銀座店では、期間限定エキシビジョン「⻘⽊淳展 –The Touch Of Architecture」を開催する。新作バッグを手に取ると同時に、ブランドの歴史とDNAを感じられるエキシビジョンを楽しむのもいいだろう。